当サイトを訪問してくださっている方の中には、お子さんと一緒にブリアンを使いたいという親御さんもいるのではないかと思います。

 

お子さんにブリアンを使わせてあげようと思ったきっかけが、自分自身の虫歯治療の辛さであれば、ついでに自分も虫歯が軽減されればいいな、と考えるのも自然なことですよね。

 

実際にそうしたユーザーの声があったからなのでしょうが、ウィステリア製薬は子供用ブリアンに続き、「大人用ブリアン」を発売しました。

 

 

大人用ブリアンと子ども用ブリアンの違いは、成分と味です。

 

成分の表記については「デキストリン、フルクトオリゴ糖、エリスリトール、乳酸菌、香料」ですので全く同じですが、大人用のブリアンには子ども用ブリアンには含まれていない「ブリス菌K-12」という成分が含まれています。口臭を予防する成分です。

 

K-12はすでに6年以上の期間、製品化されて市販されています。

 

ブリス菌K-12についても株式会社トレードピア社のサイトに詳しく掲載されていますので、詳しく知りたい方はそちらをご覧ください。

 

味については「さっぱりミント味」とのことです。TOPページにも書きましたが、子ども用も決して甘ったるい甘さではないので、大人でも使えると思いますけどね。

 

口臭予防の成分も入っていた方が良いという方は、大人用のブリアンを試してみてください。

 

大人用ブリアン販売ページはこちら